【住民税で会社にばれる】副業アフィリエイトの確定申告や税金はどうなる?

副業アドバイザー兼

底辺☆脱出塾 塾長のセコカンです。

 

この記事では

アフィリエイトである程度の

収益を上げれるようになってからの

 

確定申告や税金はいくらから必要なのかや

サラリーマン等の会社員の方が

副業アフィリエイトをすると

会社にばれるのか?

住民税からバレるって本当なのかを

 

解説していきます。

 

ここをおろそかにすると

あなた自身にしっぺ返しがきますので

是非最後まで読んで

これからの副業アフィリエイトライフを

エンジョイしてください。

 

副業アフィリエイトは確定申告が必要

 

まず副業の収入といっても

その副業の種類によって

収入の呼び名が変わってきます。

 

  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 配当所得
  • 給与所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得
  • 雑所得

 

といったように

様々な種類の所得があります。

 

本来で言えば

副業の所得は20万円以下であれば

確定申告の必要はありません。

 

しかし副業でアルバイトをした場合

それは雇用主から給料を貰うことになるので

給与所得となります。

 

給与所得の場合は所得が20万円以下だとしても

確定申告をしなければいけない場合があります。

 

このアルバイト以外の副業

例えばアフィリエイトやクラウドソーシング

等は事業所得か雑所得の分類となります。

 

ちなみに先ほどから所得と言ってますが

収入と所得は違います。

 

所得とは収入から経費を引いた金額となります。

 

例えばアルバイト以外の副業で

年間30万円の収入があったとします。

 

そこに経費として

年間15万円かかってきたとします。

 

そうすると所得は年間15万円となり

20万円以下なので

確定申告する必要がなくなります

 

副業アフィリエイトでは税金を少しでもお得にしよう

 

先ほども言いましたが

副業でアフィリエイトをする場合

事業所得か雑所得となります。

 

継続的に稼いでいる場合に限り

事業所得となる可能性はありますが

基本的には雑所得とみなされます。

 

なので年間20万円が一つの境界線となります。

 

しかし誰もができれば

税金を安くおさえたいですよね。

 

そこで先ほど話した

収入-経費が所得だというのを

思い出してください。

 

アフィリエイトというのは

書く記事によって経費科目を増やせるので

例として以下の科目が経費となります。

 

  • レンタルサーバー代
  • 独自ドメイン代
  • コンテンツ作成のための取材費や交通費
  • 記事執筆のための書籍代
  • パソコン代
  • クラウドソーシングサービスでの外注費
  • その他、記事作成にかかる雑費、消耗品費

 

パソコン代や取材費等は

大きい金額になったりしますし

外注費もかなりの金額なるので

20万円以下の所得におさえれる人も

多いと思います。

 

副業アフィリエイトでサラリーマンがなぜ会社にばれるのか

 

ここからは

副業アフィリエイトでサラリーマンが

なぜ会社にばれるのかを解説していきます。

 

会社にばれるのは住民税

 

あなたも副業は住民税でばれる

という事を聞いた事があるかと思います。

 

これは副業の分と会社の分の住民税を

会社の給与から天引きにしてほしいという

確定申告書類を作って

提出してしまった場合の事です。

 

どういうことかと言うと

確定申告書類には

 

  • 給与・公的年金等に係る所得以外の

 所得に係る住民税の徴収方法の選択

 

という欄があるのですが

これは

 

  • 給与から差引き
  • 自分で納付

 

の二つから選ぶことができます。

 

ここで

給与から差引きを選択してしまうと

本業の会社の方に

会社の給料と

副業の所得を合わせた金額に対しての

住民税の納付依頼が届いてしまいます。

 

これが会社に副業が

住民税でばれてしまう仕組みとなります。

 

ですので

しっかりと自分で納付を選んで

いればばれる事はありません。

 

心配な方は一度

税務署に問い合わせて

確認してみてはいかがでしょうか。

 

副業アフィリエイトの確定申告期間に注意

 

あなたはもうご存じかもしれませんが

確定申告ができる期間は決まっています。

 

基本的には

2月16日~3月15日

までの期間となっています。

 

ここで注意が必要です。

 

例えば会社が忙しくて

この確定申告の期限内に

できなかったとします。

 

そうすると本来の納税額に対して

 

  • 50万円までは15%
  • 50万円を超える部分は20%

 

の無申告加算税がかかってしまいます。

 

会社が忙しくて手続きに行けないのは

仕方ないですがもし可能であれば

確定申告の期限が過ぎてしまっても

確定申告はしに行きましょう。

 

なぜなら先ほど

50万円までは15%

50万円を超える部分は20%の

無申告加算税がかかると言いましたが

期限が過ぎてからでもしっかりと

確定申告をすればこの無申告加算額は

たったの5%になるからです。

 

納税額が大きくなればなるほど

この10%の差はでかいので

確定申告の期限が過ぎたから

まあいいやとは思わず

確定申告をすように

してくださいね。

 

まとめ

どうでしたでしょうか?

 

副業アフィリエイトを続けていくと

必ず確定申告をす必要性が出てきます。

 

その時にやり方が分からないから

と言ってほかっておくと

必要以上に税金を払うことになります。

 

それではもったいないですし

時と場合によっては

会社にばれてしまう可能性もあります。

 

今ならネットで調べれば

確定申告のやり方はすぐ調べられます。

 

国民の義務の納税ですが

節税は国民の権利だと思いますので

その権利を自分から放棄しないでください。

 

それでは最後まで

ありがとうございます。

 

副業アドバイザー兼

底辺☆脱出塾 塾長のセコカンでした。

 

 

セコカン家庭教師へようこそ

副業メルマガ始めました。

 

題して

「セコカン家庭教師」

と言います。笑

 

最新の副業情報や

お得な情報

ブログには書けないような裏情報を

配信していこうと思っています。

 

メルマガ登録は無料ですし

配信解除も簡単にできるので

お気軽に登録してみてください( ;∀;)

 

⇒セコカン家庭教師を見てみる

 

不定期配信ですが

あなたに有益な情報を

発信できるよう頑張ります。

 

無料相談受付中です。

只今無料相談受付中です。

 

⇒底辺☆脱出塾 塾長セコカンに相談してみる

 

これまでに様々な副業を経験してきた

塾長セコカンがおすすめする副業や

気になることがあればお気軽に

ご相談ください(*^^*)

 

副業アドバイザー兼底辺☆脱出塾

塾長セコカンでした。